固定費を見直して支出を減らしました【家計・節約】

資産形成を考え始め勉強していくうちに、『収入ー支出=資産』ということを学びました。

特に支出コントロールは重要で『無駄な支出を無くし、出ていくお金を減らすこと』は自分たちにもできる資産形成だと思い、節約をしようと考えました。

最初、私たち夫婦は漠然と「節約しなきゃいけない!」と考え、外食を減らす、電気をこまめに消す、お風呂のお湯を少なめにする。
このような努力を続けていましたが、努力の割りに思ったほど効果が少なく、ストレスも溜まる一方でした。

そこで今まで面倒だと思い避けていた、固定費を見直すことに決めました。

結果、年間支出を約25万円削減することに成功(^^)

はじめん
今回の記事は、私たち夫婦が行った『固定費の見直し』について書いていこうと思います。

固定費は何がある?

H2見出し

まず固定費の節約を始める前に、そもそも我が家の固定費に当たる支出は何か?を確認しようと思います。

幸い簡単な家計簿を付けていたおかげで、固定費の確認はスムーズにできました。
その結果、我が家の固定費は下記のものになります。

私たちの家の固定費
  • 住居費(賃貸なので家賃)
  • 水道光熱費
  • 通信費(スマホ代、ネット代)
  • 保険料(生命保険、自動車保険)
  • 自動車関連費(自動車税、ガソリン代)
  • その他(税金関係・定期購入品など)

この中から、まずは手っ取り早く支出の削減か可能だと感じた『通信費』と『保険料』の見直しを行いました。

 

固定費を見直した結果

H2見出し

冒頭にも書いていますが我が家は固定費を見直したおかげで、年間約25万円を節約することができました。

主に見直した固定費は『通信費』『保険料』です。

 

通信費

格安SIMに変更

まず結論から書きますと、スマホを大手キャリアから格安SIMに変更したことで、年間約168,000円も節約できました。

私たち夫婦は長年auユーザーでしたが、月額平均して一人10,000円の支払っていました。

そこで同じau回線を使用していて、SIMロック解除をしなくても今のスマホがそのまま使える【UQmobile】に乗り換えたところ、月額平均して一人3,000円にまで料金を下げることができました。

もちろんプランの見直しなどもしたため、auの時と全く同じ条件で使えているわけではありませんが、今のところは不自由なく使うことができています。
また『通信速度が遅くなるかも?』と言う懸念もありましたが、これも特に問題なく使えているのでよかったです。

ただ少し面倒だったのは『今まで使っていたキャリアメールのアドレスが使えなくなる』ことでした。
ウェブサイトなどの登録にキャリアメールを使っていたので、事前にgmailやyahooなどのフリーメールアドレスを取得し、変更手続きをしなければいけなかったからです。

それでも約17万円も節約できたので、もっと早くやればと少し後悔もありました。

 

家のインターネットをJ:comからスマート光に変更

今まで家で使っていたインターネットは、引っ越してきた際に加入したJ:comで使っていました。
使っていて特に不便はありませんでしたが、料金が月6,000円程度、年間7万円で少し高いなとは感じていました。

そこでネットで評判のよかったスマート光に変更することに
料金はほぼ半額の3,200円と言うのも魅力的でした。

これで年間約3万円の節約になりました。
使用感も特に問題はありません。

 

保険料

毎月の生命保険などの各種保険料の見直しも行い、年間約5万円の削減ができました。

・生命保険は「掛け捨て型」に変更、死亡保険金は2000万円、保険期間は20年で、遺された家族が困らない金額に設定しました。

・自動車の任意保険は今まで地元の保険屋さんにお願いしていましたが、改めて「ネット保険」に変更。
ネット保険でも十分なサービスが受けられるようなので、思い切って変えてみました。

こんな感じで自分たちが必要だと思う保険だけにしたことで、全て合わせても毎月10,000円以下にすることができました。
保険は家族状況の変化や、環境の変化などで今後も定期的に見直しをしていこうと考えています。

 

固定費を見直して感じたメリットとデメリット

H2見出し

固定費を見直すメリット

固定費の見直しメリットは3つあると思っています。

節約効果が大きい

我が家の場合、固定費の見直しで年間約25万円の節約ができました。
これは税金などは考えず単純に考えて、年収を約25万円増やしたことと同じだと思っています。

年収を25万円増やすことってそう簡単ではないと思いますし、継続的な節約になるので効果は非常に大きいことだと感じました。

 

ストレスが少ない

私たち夫婦が節約しようとしてまず「外食を減らす」「食費を切り詰める」「大好きだったカフェオレを飲まない」など、今すぐにできることから始めました。

しかし、かなり頑張ってやった割りにはそれほど効果が大きいとは言えませんでした。
しかも継続的に続けなければいけないので精神的負担は大きく、我慢して節約することでお互いストレスも溜まる一方でした。

もちろん適切な範囲で行う節約は必要なことですが、精神的豊かさも日々の生活に欠かせない大切な要素だと感じ、このやり方は2ヶ月で断念しました。

 

③本当に必要なものを判断できる

固定費の支払いは銀行引き落しやクレジットカード払いにしていたので、毎月当たり前のように口座からお金が引かれていましたが、その固定費は自分達にとって「本当に必要な固定費なのか?」を改めて考えることができました。

実際必要のない固定費もあったので見直して本当によかったです。
必要のないものをそのままにしていては、日々頑張って節約しても意味はないですしお金はどんどん手元から飛んでいってしまいますよね。

 

固定費の見直しデメリット

デメリットはほぼないと思っていますが、強いて言うなら手続きがすごく面倒なことですかね(^^;)

電話して解約手続きをしたり、最適なプランを決めたり、必要な書類を準備したり、メールアドレスの登録を変更したり

それなりに大変ではありました。

ただ一時的なことなので、節約効果の大きさを考えれば、やっぱり頑張ってよかったのは間違いないことでしたね(^^)

 

固定費の見直しまとめ

まとめ

固定費の見直しは手続きなどの作業が結構面倒でしたが、節約効果はかなり大きかったと改めて実感できました。

年間25万円って結構大きい額ですよね(^^;)
普通に働いていたら、収入を25万円増やすのはなかなかできないと思います。

この節約できたお金は生活防衛資金として今は貯めているところです。
この資金がたまり終わり次第、資産運用に回していこうと考えています(^^)

 

ABOUT US

hajimen夫婦ブロガー|投資家|元建築士|FP所有
hajimenblogでは、『自分達の経験を元に読者の方へ役立つ情報を分かりやすく情報をお届けする』をモットーに、夫婦で記事を更新していきます。 夫婦ブログ|資産形成|投資| ブログや資産運用をはじめた経緯はプロフィールをご覧ください。