ホワイトノイズの選び方とおすすめ【睡眠環境を改善】

快適な睡眠環境を作る要素の一つは「」です。

大半の人は、夜寝るときの部屋は基本的に無音で、音に関してはあまり関心がないのではないでしょうか?

実は大人だけでなく、赤ちゃんの成長にとっても、安心して眠れる環境が整っていることはとても大切なことなのです。

そこでおすすめしたいのが「ホワイトノイズ」です!

こんな人におすすめ
  • 赤ちゃんの寝かしつけがうまくいかない人
  • 夜泣きで赤ちゃんが起きて困ってしまう人
  • 家族のいびき・歯ぎしりや周りの騒音でなかなか眠れない方
  • 寝付きが悪く困っている方

ホワイトノイズってなに?

ホワイトノイズってなに?

ホワイトノイズとは、全帯域(人の耳の音が聞こえる周波数の範囲:20Hz~20000Hz)にわたるひとつひとつの周波数をほぼ均等に持ったノイズで、安眠を手助けしてくれる音です。

実は安眠のために必要なのは、静かな環境ではなく「突然の音が気にならない環境」なのです。

静かな環境で眠っている時は、わずかな物音でも目覚めてしまう原因になります。それは赤ちゃんも大人も一緒です。

ホワイトノイズであれば、様々な周波数の音を含んでいることで音の壁となって、騒音や生活音など睡眠を妨げる音をかき消してくれる効果があります。

そして、この「かき消してくれる効果」によって赤ちゃんが安心して眠れる環境づくりにも大いに役立つんです。

またホワイトノイズの音は、赤ちゃんがお母さんの胎内にいる時に聴いていた音とかなり似ているようです。

これも赤ちゃんの安眠を助ける効果があると言われています。

みこママ

赤ちゃんが眠ってからが大人の時間、物音を気にせず過ごせるのはかなり精神的にも気持ちが楽になりましたよ!

 

ホワイトノイズマシンの選び方と注意する点

ホワイトノイズマシンの選び方は次の3つです。

  • 連続再生
  • 音量調整
  • 携帯性

それぞれ詳しくみていきましょう。

長時間の連続再生ができる

ホワイトノイズマシンを使ってせっかく眠ったのに、寝ている間に音が止まってはあまり効果がありません。

ホワイトノイズマシンの種類は数多く販売されていますが、これは重要な選び方の一つ

長時間、連続再生できるものが最適です。(最低でも6時間以上)

 

音の大きさを段階的に調整できる

音の大きさを段階的に調整できることも大切です。

ホワイトノイズの音が、耳元で50d Bくらいになるのが推奨される大きさなので、部屋に合わせて調整できると便利です。

耳元での音の大きさは、音量計測アプリなどで測ることができます。

 

コンセント式かバッテリー式

携帯性を考えると充電して使えるバッテリー内蔵型や電池タイプのものが便利

コードレスだから場所を選ばず、旅行先でも重宝します。

どんなお部屋にも対応可能なのが嬉しいところ

ただ、自宅メインでしか使わないならコンセント式の方が充電忘れや電池切れの心配がなく楽かも知れませんね。

注意点として、ホワイトノイズマシンの価格帯は2000円台〜10000円を超えるものまで様々あります。
高ければ良いというわけではなく、あくまでも自分の使用条件に合った最適なものを上記選び方を参考に選んでいただくと良いです。

 

ホワイトノイズおすすめ5選

現在売られているホワイトノイズを比較し、おすすめ度の高い順で5つご紹介します。

選択基準は、選び方と注意点で述べた[連続再生][音量調整][携帯性]を含めた次の5つです。

選択基準
  • 価格
  • 連続再生の有無
  • 音量調整
  • 音の種類
  • 携帯性

 

おすすめ1位 Dreamegg 「W03-JP」¥3,999

画像引用元:amazon

大容量バッテリー内蔵で、コードレスでも10時間以上の連続再生が可能です。
USB充電なので専用充電アダプターが不要、スマホの充電器やパソコンなどから手軽に充電できる。

電源を繋ぎ、充電しながら使用することもできるので、外出先でも重宝します。

サウンドは、7種のホワイトノイズ、7種のファン音と10種の自然音、合わせて24種類もあります。ボリュームも0~85dBまで音量を細かく調節できるので、部屋に合わせて調整することができます。

製品特徴
  • 特徴:大容量バッテリー内蔵、コードレスでの使用も可能
  • 連続再生:コードレス状態でも10時間以上の連続再生が可能
  • 音量調整:0~85dBまで音量を細かく設定できる。
  • 音の種類:24種の癒しサウンド搭載
  • 携帯性:直径11cmの丸型、重量は270gと軽量で持ち運びしやすい

おすすめ2位 AVANTEK「 LD-WN-1C-J」¥3,799

画像引用元:amazon

直感的な操作性のタッチコントロールで、ユーザーに優しいインターフェース。ボリュームボタンの【上げる/下げる】をタッチして音量調整をしたり、【前に戻る/次に進む】切替ボタンをタッチするだけで連続した全30種のサウンドの中から気に入ったトラックを選曲できます。

サウンドには、6種類のホワイトノイズ、6種類の風の音、そして10種類の自然の音、さらに8種類のさまざまな環境音を使用し、不要な雑音をブロックすることで、ひと晩中の安眠が得られ、睡眠トラブルにお困りの大人、子供、赤ちゃんなどにも最適

軽量なコンパクト設計と持ち運びしやすいポータブルサイズで、旅行にも便利に使用することができる。

製品特徴
  • 特徴1:メモリー機能によって最後に選択したサウンド、音量、オフタイマー設定を自動的に継続再開できる。
  • 特徴2:リチウムバッテリー内蔵、マイクロUSBケーブルと電源アダプターも付属
  • 連続再生:充電しながら可能、フル充電時は10時間以上コードレスでの使用が可能
  • 音量調整:0~115dBで調整可能
  • 音の種類:30種の癒しサウンド
  • 携帯性:コンパクト設計で持ち運びしやすい(詳しいサイズ不明)

おすすめ3位 マーパック スリープ・ミー「sleepmeMG」¥7,700

画像引用元:amazon

米国で人気のマーパック社製のホワイトノイズマシンは、デジタルで再現した音ではなく、ファンを回して自然の風を発生させて出る音なので、脳が違和感を感じにくくリラックスできる特徴があります。※風はほとんど出ません。

スリープ・ミーの「ザーッ」という音は、可聴域の様々な周波の音を含み、抑揚パターンを持たない一定の背景音です。その音が気になる音を包み込み、聞こえにくくしてくれます。また抑揚のない一定音は、脳が無視しやすく休まります。

アプリやCDなどのホワイトノイズもありますが、スピーカーの質や再現音域に制限され、耳や脳にストレスになることがあります。しかし、このマシンはファンを回転させて出る自然音なので、ストレスフリーです。

他のマシンと比べ重量がやや重いので、持ち運びにはやや不向き

製品特徴
  • 特徴:ファンを回して自然の風を発生させて出る音なので、脳が違和感を感じにくくリラックスできる。
  • 連続再生:コンセント式で連続運転可、コードレス不可
  • 音量調整:上面部と側面部をスライドさせることで空気の量や音を調節し、音量を設定
  • 音の種類:プロペラで作る風の音
  • 携帯性:直径14.2cmx高9.5cm、重さ720g、持ち運びには不向き

おすすめ4位 AVANTEK 「WN-1」 ¥3,799

画像引用元:amazon

不要なバックグラウンドノイズを遮断するので、一晩中安らかな睡眠をとることができます。睡眠に問題を抱える大人、子供や赤ちゃんにおすすめ。

メモリー機能搭載で、機械が自動的に最後にセットしたときの音量、サウンドトラック、タイマーに調整してくれます。

電源アダプタとUSBケーブルが付属しているので、コンセントはもちろんパソコンに繋いで使用もできます。

製品特徴
  • 特徴:スリープタイマー機能で1時間〜最大7時間まで設定できる。設定時間が終了するとき、完全にオフになるまえに、音量が徐々に小さくなっていきます。
  • 連続再生:コンセント式で連続運転可、コードレス不可
  • 音量調整:最大115dBまで、30レベルの音量が選べる。
  • 音の種類:6種類の扇風機の音、8種類の周囲の音、6種類のホワイトノイズを収録
  • 携帯性:軽量コンパクトで持ち運びしやすい(詳しいサイズ不明)

おすすめ5位 Hevanto「H100」¥3,299

画像引用元:amazon

8種のホワイトノイズ、8種のファン音と10種の自然音を収録、「小鳥の囀り」、「海の波打ち」、「川のせせらぎ」、「母の胎内音」、「電車」、「焚き火」、「夜虫の鳴き声」、「春の雨」、「バイエルン州の森林に風音」、「宇宙で/光年」など、お好みに合わせて選べます。

短く押すと15段階で音量の調節が可能、長く押すと無段階音量調節ができ、0~85dBまで細かく調節できます。

自動停止のタイマーも搭載で、30分、60分、90分と時間を設定でき、睡眠を妨げず、手動でスイッチを切る必要もありません。

バッテリー式ではないので、持ち運ぶ時は電源供給用のUSBMicroケーブルとスマホ用のアダプターなどが必要(アダプターはなくてもパソコンのUSBにも接続可能)

製品特徴
  • 特徴1
  • 連続再生:コンセント式で連続運転可、コードレス不可
  • 音量調整:15段階で音量調整&無段階音量調節、0~85dB
  • 音の種類:8種のホワイトノイズ、8種のファン音と10種の自然音を収録
  • 携帯性:9cm×11cm×9.8cm。重量394g、比較的コンパクトで持ち運びはできる。

ホワイトノイズと選び方まとめ

まとめ

ホワイトノイズマシンは、ご紹介した5つ以外にも様々な種類が発売されているので、迷ってしまいますよね。

ポイントはこの3つ
  • 連続再生ができること
  • 音量調整が細かくできること
  • 持ち運びしたいかどうか(携帯性)

3つのポイントのうち、連続再生や音量調整は、割とほとんどのマシンで可能です。
なので、自宅以外でも持ち運んで使いたいのかどうか?の携帯性が主なポイントになります。

使い方を一度想定して選ぶと良いかと思います。