ベビーモニターを導入したら生活が一変した話【子育て】

こんにちは、みこママです。

我が家では、娘が4ヶ月の頃にベビーモニターを購入したのですが、ベビーモニターを使用してから生活が一変しました。

控えめに言っても最高すぎたので、これから出産を控えている方や、まだベビーモニターを導入されてない家庭に向けて、ベビーモニターの使用感についてまとめたいと思います。

なぜベビーモニターを購入したのか?

我が家では、毎日19時半に寝室で寝かしつけをしているので、そのあとはやっと大人の自由時間になります。

ですが、寝かしつけてからも娘の様子が心配なので、状態を確認するために30分に1回は部屋に入って

うつ伏せじゃないか?
呼吸はしているか?
を確認している日々でした・・・

しかも起こさないように細心の注意を払いながら部屋に入り、また出ていくというのはなかなか緊張感があります。

寝かしつける時間が早いので、夜は自分の時間が持ててすごく良いのですが
(寝かしつけてからゆっくり食事ができたり)

泣き声にもすぐに反応出来るように生活音にはかなり気をつけて、耳を済ませて過ごしていましたし、やはり部屋から出ると娘の姿は見えないので、何も気にせず作業をするというのはあまり出来ませんでした。

保育士という職業柄、睡眠時の事故がないように敏感になってしまい「寝たから安心!」ではなく「寝てる時こそ気をつけてあげないと」、という意識が常にありました。

我が家では、朝寝や昼寝も寝室でさせているので、長く寝ている時は何回かそーーっと確認しに行っていました。

こうなってくると自分自身はあまり休まりません。
寝返りしだしたら、さらに安心できなくなるかも・・・。
この確認作業の労力を少しでも軽くしたい・・・。

このような経緯から、ベビーモニターを導入したい!と強く思うようになりました。

ベビーモニターとは?

欧米などでは、子どもと親の寝室を分けて寝かせているため、当たり前のように使われているベビーモニター
ですが、日本ではまだ一般的に普及してはいないかもしれません。

しかし、控えめに言っても最高に便利な育児グッズでした!

ベビーモニターとは、別の部屋で寝ている赤ちゃんのそばにカメラやマイクを置いて、赤ちゃんの様子をモニターを通して観察できる優れものです。

これがあれば、ぐっすり寝ているか、起きて泣き出していないか、いつでも確認することができ、そばにいられない時でも安心できます。

またベビーモニターがあると様々な使い方ができます。

ベビーモニターには「カメラ付きのもの」「音声のみを拾うタイプ」の2種類があります。
音声のみを拾うものだと赤ちゃんの体勢までは分からないため、うつ伏せ寝かどうか分からなかったり静かに事故が起きている可能性もあるのでおすすめできません。

ここからは、私が購入した「カメラ付きのもの」に限定して紹介して行きますね。

ベビーモニターのメリットや使い方、使用感

赤ちゃんが寝ている間に、ママが離れて家事をするような場面でも、モニターを持って移動すれば赤ちゃんの様子をみていられるので日中も安心できます。

また、機嫌よく遊んでいる場面でもちょっと離れる時にはモニター越しで確認できるのは安心です。
種類によってはモニターを通して赤ちゃんに話しかけられるものもあり、もしも目覚めて泣いてしまったり、ママが離れてしまったことで不安そうな様子が見られたとしても、一時的にママの声を聞かせることができ安心できます。

実際にモニターを使っている人の中には、ワンオペでお風呂に入れる際に、赤ちゃんを部屋に残し自分が先に急いでシャワーを済ます場面でも、脱衣所に置いておけば様子が確認できるのは安心できると言う声もありました。

自分だけではなく「見守る目」があると言うことは、育児を頑張るママパパたちにとても安心感を与えてくれます。

ちなみにモニターを持って移動するのは面倒な場合は、カメラをスマホと連携させることで、スマホの画面で赤ちゃんを確認できる製品もありました。

ベビーモニターの機能
  • 映像で見守ることできる
  • 向こうの声も聞こえる
  • こちらから声をかけることができる
  • 子守唄など音楽が流れるタイプの物もある

実際に購入したベビーモニター

いろいろな製品を比較・検討した結果、我が家が購入したカメラはこちら!

出典元:株式会社トリビュート

『ワイヤレスベビーカメラBM-LTL2/トリビュート製』(現在は販売終了、後続モデルあり)
グッドデザイン賞とキッズデザイン賞のW受賞したベビーモニターです。

主な機能と実際に使ってみた感想
  • 離れている赤ちゃんに声をかけられる2way
    ➡️ごく小さな音でも拾ってくれるし、声をかけられるから安心
    ➡️音を拾うとセンサーが光るため、視覚的にわかりやすい
  • 遠隔操作機能
    ➡️稼働範囲も広いし、操作性も申し分ない
  • 暗いお部屋でも赤外線でしっかり映し出すナイトビジョン
    ➡️真っ暗な部屋でも、モニターの映像はかなり見やすい。
  • 風邪や熱中症予防に便利な温度設定アラーム
    ➡️モニターに部屋の温度が表示されわかりやすい
  • コンパクトサイズでちょうど良い

中でも1番魅力的に感じたのは『オートトラッキング機能』

オートトラッキング設定をONにしていると、寝返りやハイハイで赤ちゃんが移動してしまってもカメラがその動きを自動で追ってくれる機能です。

これなら、気がつかない間に赤ちゃんが移動してしまっていても、自動でカメラが追いかけてモニターに映るようにしてくれるので安心だと感じました。

どう生活が変化した?

ベビーモニターを買って本当によかったこと

・とにかく娘の姿をモニターで確認できるから安心できる。
・気持ちに余裕が出て、寝かしつけ後の時間も楽しめるようになった。
・生活音を気にしすぎないようになった。

本当に良いこと尽くしでした・・・涙

ただ1つ言うなら・・・

オートトラッキング機能は使う場面がなかったと言うこと。笑

と言うのも我が家の広さは正直我が子を追いかけるほどの広さでもないので、わざわざ追視をしなくてもモニターに映せました。
カメラは遠隔で操作できるので、自分で操作することで事足りてしまいました。

自分の中では推しの機能だっただけに、残念です。笑

まとめ

今回、ベビーモニターを購入するにあたって色々調べてみると、だいたいどのメーカーも機能は似たり寄ったりでした。

私が購入したトリビュート製のBM-LTL2(現在は販売終了、後続モデルあり)は、オートトラッキング機能がついているから他のメーカーとの価格差があるのかなと思うので、検討している方は予算にあったモニターを購入しても、使用面では大差がないと思います。

私自身「もっと早く購入しておけばよかった!」と思うくらい本当に買ってよかったです。
お家の広さに関係なく、育児を頑張るママパパたちにはぜひオススメしたいです!

トリビュート製のモニターは2020年2月に最新モデルが発売されました。