夫婦で共有したいおすすめの子育て本5選【パパも必見】

子育てに関する本が読みたいけど、種類が多すぎて、、、(汗)

はじめん

子育てに関する本は種類がたくさんあって、迷ってしまいますよね^^;

我が家で実際に読んでいる本で、おすすめしたい本を厳選して紹介します!

本記事の内容
  • この記事では、我が家で参考にしているおすすめの子育て本をご紹介します!

おすすめの子育て本5選

1冊目:『ママと赤ちゃんのぐっすり本』

 


最初にご紹介するのが『ママと赤ちゃんのぐっすり本』です。

多くのママやパパたちが抱えている赤ちゃんの寝かしつけや夜泣き、早起きといった睡眠問題

実は良かれと思ってやっていたことが、かえって寝かしつけを長引かせていたり、夜泣きをひどくさせたりしているとしたらどうでしょうか?

この本では、科学的根拠に基づいた赤ちゃんの睡眠について教えてくれています。

おすすめポイント

月齢別ねんねスケジュールで赤ちゃんの活動時間やに必要な睡眠時間の目安がわかります。

2冊目:『初めてママ&パパのための365日の離乳食カレンダー』

 


2冊目は離乳食について非常にわかりやすくまとまっている『初めてママ&パパのための365日の離乳食カレンダー』です。

この本の良いところは、まず写真が非常に多くて見やすい。

そして素材別の調理方法なども細かく載せてくれています。(QRコードから動画も見られます。)

月齢別での一回の食事量もわかりやすく、「これさえあれば毎日の献立に迷わない」と言えるほどレシピが豊富なので、考える負担が大きく減ることは間違い無いです。

はじめん

味覚を育てるためにも、様々な味に慣れさせてあげたいと思うのが親心ですよね。

我が家でもメニューを考える負担が省けて大助かりです。

おすすめポイント

これさえあれば離乳食レシピに迷わない!

3冊目:『0歳と1歳のモンテッソーリ子育て』

 


3冊目は0歳と1歳にスポットをあてたモンテッソーリ子育てを紹介してくれている『0歳と1歳のモンテッソーリ子育て』です。

「脳も体も驚異的に発達する重要な時期」「人としての土台をつくる大切な時期」

だからこそ赤ちゃんの「自分とまわりを信じる心」を育てることが大切

そのために、この時期にママやパパが何を大事に赤ちゃんに接したらいいかを教えてくれています。

マンガやイラストが満載でとても読みやすいです。

おすすめポイント

赤ちゃんとの向き合い方、その子の能力の引き出し方がわかります。

4冊目:『子育てで絶対やってはいけない35のこと』

 


4冊目は歌手でエッセイストのアグネスチャンさんの著書『子育てで絶対やってはいけない35のこと』です。

著者のアグネスさんはカナダトロント大学で児童心理学を、その後アメリカのスタンフォード大学で教育学を学び博士号を取得していて、母親としても3人の息子を育て上げています。

ちなみに3人の息子さんは全てがスタンフォード大学に進学されたそうです。

本書では、子育てにおいて「やってはいけないこと」について、アグネスさん自身の経験と知識をもとにどうしてやってはいけないのか?を教えてくれています。

はじめん

「『子育ては親育て』親が子どもから学ぶことは数多くある。学びながら親は本当の親になっていくのです。」

僕はこの言葉がとても印象に残っています。

おすすめポイント

なんとなくわかっていた子育てにおいて「やってはいけないこと」が明確になります。

夫婦で共有することで子育てにおいての軸ができます。

5冊目:『親と子のアドラー心理学』

 


5冊目は『親と子のアドラー心理学』です。

「嫌われる勇気」などで知られるアドラー心理学に基づくカウンセリングや各種研修を30年以上行っている著者が、「アドラー心理学をベースにして実践した子育ての体験記」として本書を書かれています。

そして体験談だけが書かれているわけではなく、理論も交えながら具体的な実践方法なども紹介されています。

子育ての確かな指針となる本としておすすめです。

おすすめポイント

・子育てのキーワード「尊敬」「共感」「信頼」「勇気」の大切さについて学べます。

子育ての方向性を決めるために

今回は『子育てにおすすめの本5冊』をご紹介しました。

1冊目:『ママと赤ちゃんのぐっすり本』

2冊目:『初めてママ&パパのための365日の離乳食カレンダー』

3冊目:『0歳と1歳のモンテッソーリ子育て』

4冊目:『子育てで絶対やってはいけない35のこと』

5冊目:『親と子のアドラー心理学』

子育て本を読む上で注意したいことは

全て自分の子育てに取り入れようとしない」ということです。

子育てに正解はないので、本に書かれているからといって無理してまで頑張ろうとしない。

自分達にあったやり方、共感できる考え方などを抽出して子育てに取り入れる方がベストです。

はじめん

我が家では、これらの本を読んで子育てに取り入れたい考え方などを夫婦で共有することによって、子育ての方向性を決めることができました。

ABOUT US

hajimen夫婦ブロガー|投資家|元建築士|FP所有
hajimenblogでは、『自分達の経験を元に読者の方へ役立つ情報を分かりやすく情報をお届けする』をモットーに、夫婦で記事を更新していきます。 夫婦ブログ|資産形成|投資| ブログや資産運用をはじめた経緯はプロフィールをご覧ください。