あなたは何個当てはまる?妻にイライラされる10の言動【子育て夫婦】

妻がイライラしているのはわかるけど、何が原因だか見当がつかない、、、

はじめん

こう思っている方は結構多くいるようです。

僕もそうでした、、、

普段、何気なくしている行動や発言が妻にとってはイライラでしかない、ということが多いようです。

実際、ママ向けQ&Aアプリのママリで「夫 イライラ」と検索すると、ほぼ毎日夫へのイライラ投稿が見られます。

なかには、夫に知られないよう密かに離婚の準備を進めているママもいることがわかりました。^^;

この記事では、妻は夫のどんなところにイライラしてしまうのか調べた結果を『妻にイライラされる10の言動』として紹介していきます。

この記事を読めば、妻のイライラポイントを知ることができます。

妻にイライラされる10の言動

妻にイライラされる10の言動

口だけで行動しない

口だけで行動しないとは具体的に

・「家事やるよ」と言ったのに、全然やらない

・「やらないの?」と聞くと、「今やろうと思っていたのにそんな言い方されたらやる気無くした」と小学生みたいなことを言う

・「そこはこうした方がいいんじゃない?」と言うだけでやってはくれない

・子育てについてすごく持論を言ってくるが、自分では全く子育てに協力しない

ほかにも例を上げればキリはないのですが「そんなに言うなら自分でやって!」とイライラを募らせてしまいます。

家事や食事に対して文句を言う

例えば

・掃除ができていないところを見つけては文句を言う

・夕飯の品数が少ない、味が薄いなど文句を言う

子育ての合間に一生懸命家事や食事を作ったのに、それに対して文句を言われたらどうでしょうか?

まずはやってくれている事に対して感謝を忘れないようにしましょう。

やってくれてありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。

休みの日はゴロゴロしてるだけ

仕事が休みの日は遅い時間まで寝ていたり、家事を手伝ってと言っても「仕事で疲れているから休日くらい休ませて」と言われてしまう。

子育て中はいくら手があっても良いくらい大変です。

夫が家にいるときには少しくらい手伝っと欲しいとママが思うのは当たり前だと思います。

僕は、疲れていたとしても「掃除・洗濯・子どもをお風呂入れる・寝かしつけ」など、とにかくできることからやるようにしました^^

言えばやるよ

「言えばやるよ」は一見協力的に聞こえますが、妻からすると「言われないとやらないの?」となり、イライラが蓄積されていきます。

なかには、「仕方なくやってほしい家事を伝えても、あからさまに不機嫌になったり、嫌な顔をされる」こともあるようです。

家事や育児は一人でやるには相当な労力がかかります。

夫婦で協力できることは積極的にして生活することが、良好な夫婦関係を育て、良い家庭になるのかなと思います。

手伝おうか

これは、男性の立場としては「いつも家事や育児をやってもらっているから、何か手伝いたい」という気持ちからの発言だと思います。

しかし、女性は「手伝う?家事や育児は私がやるのが当たり前ってこと?」と捉えイライラしまうそうです。

(これは妻に確認しました^_^;)

僕は言い方に注意するように心がけています。

例えば下記のようにすると良いです。

・いつも洗濯物ありがとう、今日は僕がやるね

・食器は僕が洗うから一休みしてて

・子どもは着替えさせておくね

妻のことを気遣いつつ、具体的にやろうと思っていることを伝えます。

言い回しを変えるだけで受け取る側の印象はがらっと変わるので、試してみる価値アリです。

自分を優先する

基本的に子どもが生まれると夫婦の生活は大きく変化し「子ども中心」になります。

我が家もご飯を食べるタイミング、お出かけのタイミング、買い物に行くタイミング、などは全て子どもに合わせるようにしています。

しかし、自分を優先している人はそんなことは関係なく

・ゲームに没頭

・自分だけ遊びに行ってしまう

・事前報告なしに飲み会参加

など、自分だけの都合で行動しています。

子育てはある程度の我慢も必要になるので、自分の時間を優先させるのではなく夫婦で協力することが大切だと思います。

すぐママにバトンタッチ

普段育児をしていない男性にとって、一番困るのは子どもがぐずってしまった時だと思います。

だからといって子どもの機嫌がいい時だけ相手をするなんてしていたら、ママがイライラしちゃいます。

・少し泣かれたら「ママが良いみたい」と言って子どもの面倒見るのを諦めてバトンタッチ

・おむつ交換や汚れた服を洗わない

・寝かしつけがうまくいかないと、自分にはできないと決めつけてやりたがらない

僕も最初は『ママの方がいいんじゃないか?』『ママの方が落ち着くのでは?』と勝手に思い込んでいました。

しかしよく考えれば、ママだって最初は初心者です。

子育ての中で試行錯誤を繰り返して、今もひたすら頑張っています。

パパも諦めないで何回もチャレンジしましょう。

子どものことは全てママ任せ

初めての子どもが生まれると、毎日の育児からお祝い事やイベント事、予防接種や離乳食作り、保育園・幼稚園選びなど、わからないことだらけの日々を過ごします。

そしてわからないことがあるたびに、ママは一生懸命調べてくれています。

仕事は確かに大切ですが、夫婦での子育ても同じくらい大切です。

全てをママ任せにせず、協力して調べ事などできることを精一杯やりましょう。

僕は妻が保育士なので、育児の知識があるだろうと思ってすぐ頼ってしまい、怒られてしまいました。^^;

なので、わからないことや不安なことがあれば、子どもの成長に関する本やブログなどを読んで勉強してから話すようにしました。

妻の話を聞かない

妻の話を聞いていますか?自分の事ばかり話していませんか?

わからないことや不安なことが多い中で、相談できる相手は、自分を一番理解してくれているであろう夫です。

しかし、その相手が全然話を聞いてくれていなかったり、空返事ばかりだったらどうでしょうか?

初めて子どもを出産した女性にとって、子育てはいわば未知の体験です。

夫婦で相談しながら協力して育児は行っていくものです。

仕事などでどうしても育児が妻任せになってしまっているのなら、せめて傾聴するよう心がけましょう。

感謝の気持ちを伝えない

日頃の感謝の気持ちをしっかりと伝えていますか?

『毎日服が洗濯され、朝ごはんや夜ご飯が用意されていて、家が綺麗な状態』

子育て中の家庭においてこれらのことができていて当たり前なんてありません。

また感謝の気持ちは思っているだけじゃ伝わりません。

必ず言葉に出して伝えましょう。

『いつもありがとう』と言われて嫌な人はいませんよね?

全てに共通していること

10個の言動全てに共通していること、それは『不公平感』です。

不公平を感じた時にイライラ怒りといった感情が出てきているのです。

育児に協力的ではない夫の態度、子どもがいても気軽に飲み会参加する夫、共働きなのにワンオペをしている自分はなんなんだろう、、、

こうした「自分には自由がないのに、夫は自由にしている状況」が不公平感を生み出しているんですね

共働きが当たり前の時代です。

家事や育児も夫婦共に頑張りましょう^^

イライラされる言動のまとめ

僕自身が思い当たる節があったので、ママりなどで検索したところ、夫に対してのイライラ投稿があまりにも多かったので、こんなにも世の中のママたちは夫にイライラしているのかと驚愕^^;

そして、世のパパたちにも知ってもらいたいと考えて記事を書きました。

今回取り上げた10の言動いくつ当てはまりましたか?

イライラされる10の言動まとめ

1、口だけで行動しない

2、家事や食事に対して文句を言う

3、休みの日はゴロゴロしてるだけ

4、言えばやるよ

5、手伝おうか

6、自分を優先する

7、すぐママにバトンタッチ

8、子どものことは全てママ任せ

9、妻の話を聞かない

10、感謝を伝えない

普段自分が何気なくしている行動や発言、それが妻にとってはイライラでしかないこともあります。

無意識にしていたことは、意識的に変えていかなければ簡単に変えられません。

はじめん

妻に『不公平』を感じさせないよう、いますぐできることは積極的に行動していきましょう

ABOUT US

hajimen夫婦ブロガー|投資家|元建築士|FP所有
hajimenblogでは、『自分達の経験を元に読者の方へ役立つ情報を分かりやすく情報をお届けする』をモットーに、夫婦で記事を更新していきます。 夫婦ブログ|資産形成|投資| ブログや資産運用をはじめた経緯はプロフィールをご覧ください。